越前和紙とは

越前和紙の歴史について

今から1500年程前、この村里の岡太川に美しい姫が現れて紙漉(す)きの技を教えたと伝えられています。

この伝説が示すように、福井県越前市の越前和紙は日本に紙が伝えられた4~5世紀には優れた紙を漉いており、写経用紙として使われていました。
その後、紙漉きの技術、生産量も向上していき、明治新政府の時代に「太政官金札用紙」が漉かれ、昭和25年まで日本の紙幣の一部が越前和紙で漉かれていました。

また、横山大観をはじめ、多くの芸術家などの強い支持を得て、日本画用紙としても全国に越前和紙の名前が知られるようになり、日本一の和紙の産地として今も生産が続けられています。

写真は、出来上がった製品を一枚ずつ、人の目で仕上がりを確認する行程です。

紙の息づかいを感じる和紙

「和紙を漉く」この一見単純に見える作業の中に、伝統と技術が息づいています。

和紙の原料を溶かした漉き舟に向かい、漉き桁(けた)を揺り動かす職人の微妙な手の動きにより和紙の繊維が絡み合い漉き上がる美しい和紙。漉き上がった和紙が持つ、あたたかみや優雅な肌合い、そして紙自体の強靭さが、越前和紙の特徴です。
紙和匠では、職人による「手漉き和紙」と「機械抄き和紙」の両方を取り扱っています。

漉きあがったばかりの和紙。

越前和紙の特徴

越前和紙は、楮(コウゾ)・三椏(ミツマタ)・雁皮(ガンピ)などが主な原料で、洋紙よりもかさが高く強度が強い紙です。リサイクルもでき、保存期間も長期にわたり可能。多くの芸術家からも強い支持を得ています。
幅広い使い方があり、最近では名刺やインクジェットプリンタへの対応などもしています。

「わ」な紙を、見てみる

紙と神の郷
 ~大滝・五箇地区~

紙漉きの技を伝えたとされる美しい姫を川上御前とあがめ「紙祖神(紙の神様)」として岡太神社にお祀りし、今に至る大滝・五箇地区。
紙祖神が祀られている岡太神社・大滝神社の本殿・社殿は、曹洞宗本山永平寺の勅使門を作り上げた名棟梁の手により最も美しい社殿として建てられ、歴史的価値と建物の美しさから国の重要文化財に指定されています。
このような長い歴史と伝統に育まれた紙と神の郷から今も越前和紙は漉かれつづけています。

店長のブログ

お買い物ガイド

ページの先頭へ

お支払いについて

お支払いは以下の方法がご選択いただけます。

代金引換

※代金引換をご利用の場合、別途手数料がかかります。

※5000円(税別)以上ご注文の場合は、代引手数料を無料にいたします。

銀行振込 または 郵便振替

※お振込手数料は、お客様負担となります。

※入金確認後、発送いたします。

クレジットカード

※お支払い回数に関しては、一回払いのみのご利用になります。

※お支払い総額は以下の通りです。
商品税込代金合計 + 送料

詳しくはこちら>>

配送料について

送料は都道府県別に設定しております。3,000円(税別)以上お買いあげの場合は送料無料!

詳しくはこちら>>

配送日時指定について

配達指定 可能日

お届け日をご指定(希望日)いただく場合は、ご注文日から3日後以降の日付をご指定ください。
すぐに発送の場合は、電話にてご注文を受付けております。

※銀行振込または郵便振替の場合は入金確認後、発送いたします。

※大雪、台風などの天候状況により、運送に遅れが生じる可能性がございます。遅れの状況は、発送連絡メールの伝票番号を使って運送会社にお問い合せ頂くか、当店までお問い合わせください。

配達時間

佐川急便もしくはゆうパックでお届けします。ご指定時間帯に配達するよう運送会社に指示いたします。

佐川急便

佐川急便 配達時間

ゆうパック

佐川急便 配達時間

詳しくはこちら>>

ご返品について

商品には万全を期していますが、万が一不良品の場合は用品と交換いたします。商品到着後2日以内に着払いにてご返送ください。
又セール品の場合は、原則としてお客様都合による返品は受け付けておりません。

詳しくはこちら>>

営業日カレンダー